専業主婦は、限られた予算の中で家計のやり繰りをしていますので、当然、カードローンのようなサービスが必要になります。
しかし、2010年6月18日に施行された改正貸金業法により、専業主婦が利用できるサービスが大幅に減ってしまっている点に注意が必要です。
総量規制という新しい仕組みが始まりましたので、それを理解した上で申込先を選ぶようにしてください。

まず、総量規制というのは、貸金業者による過剰貸付を防止するために始まった制度です。
消費者金融や信販会社がお金を貸す場合、利用者の年収の3分の1を超えてはならないというものです。
年収300万円の方なら100万円までの融資ですが、本人に年収がない専業主婦は、貸金業者からの融資は受けられないこととなっています。

しかし、総量規制対象外のローンであれば、専業主婦が利用できるサービスもないわけではありません。
総量規制対象外のローンは銀行カードローンのことですが、専業主婦への融資をしている「みずほ銀行カードローン」などもあります。

専業主婦がお金を借りるときは、「利用できるサービスであること」を確認することが大変重要になります。

専業主婦が利用できるサービスは多くはありませんが、申込先を間違えなければ、カード発行に成功することも期待できます。
みずほ銀行カードローンのような、迅速な審査ができるサービスなら、申込んだその日のうちに現金を受け取ることも不可能ではないでしょう。